ネタバレ記事

Nizi(虹)Project4話ネタバレ。本格的に東京合宿がスタート

ソラ先生
ソラ先生
今回は、Nizi(虹)プロジェクト4話の記事だよ。

第3話では参加者26名が決まり、東京合宿がスタートしダンステストが開始されました。J.Y.Park氏の評価基準もますます厳しくなり、今までの表情とも少し変わってきました。

早速、メンバーのオーディションの様子を見ていきましょう。

ダンスレベルテスト

ユナ

JYP練習生で日韓ハーフ、もちもちの肌が魅力的でこれまでもファッションショーやCM、雑誌など幼少期から様々な芸能活動も行っているユナちゃん。

他の参加者からの評価も「ダンスも歌もうまそう」、「芸能人に会える」などと評価は高く、ユナちゃんの登場で皆の視線が集まります。

予選の時も「ガールズグループになるために生まれてきた子みたい」とJ.Y.Park氏を最も唸らせた1人でもあります。

唯一苦手なことは、関節を大きく使って動作を大きく見せることがまだ出来ていないと予選オーディションの時に指摘を受けた程度。合宿までは入念に、指摘された点を中心に練習しました。

自身でダンスを撮ったり、周囲にどうすれば関節が柔らくなるか意見を求めるなどストイックに自分を高めていきます。

本番では、Niziメンバーとしてデビューすると意気込んでダンスレベルテストに臨みます。持ち前の明るさを武器にスタートし、長い練習期間を経て手に入れた完璧な動作を披露していきます。

しかし、J.Y.Park氏が音楽を止めました。

「もう少し楽になってほしい」、「ダンスをしたり歌を歌う時に切迫して見えるのは問題だと思う。」

幼い頃からの夢であったデビューに、今までの練習風景が映りユナちゃんが涙を浮かべながら話しているのを見ると、背負うプレッシャーとの戦いに、グッと堪えるものがありましたね。

他の参加者と評価は真逆で、J.Y.Park氏の評価はとても厳しいものになりました。

「次回は本来のユナさんであってほしい」

結果は…キューブ獲得失敗

アヤカ

予選では9年間磨き上げてきたダンスを披露しますが、「9年間ダンスを習ってきてこのレベルでは練習を全くしていないということ」、「このままデビューしても歌手を長く続けられないと思う」などとJ.Y.Park氏の評価は厳しく、本当にアイドルになりたいかと質問されたアヤカちゃん。

ダンスレベルテストでは、テストが始まるとJ.Y.Park氏の優しい目つきが変わります。曲を中断し表情がだんだんと怖くなってきました。

「ダンスブレイクでうまくいかないのが目立ってしまいそうで心配になって止めた」とJ.Y.Park氏。

自然体の魅力が人を惹きつけるものの、この実力では歌手になれず他の人よりも何倍も頑張る必要があると厳しい評価が続きます。

結果は…キューブ獲得失敗

リリア

オーディション時に「そこまで頑張っているとは思えない」と言われ、保留合格となったリリアちゃん。

合宿参加が実際に決まってからの準備期間2ヶ月間は、素早く動けるように練習したり、自分なりに食事の量を減らすなどパフォーマンスを磨くことにだけ集中してきました。

ダンスのレベルテストでは自信たっぷりの表情で演技を披露します。

しかし、曲が途中で止まり、またもやキューブを貰えないパターンかと思いきや、「ペンダントをつけてきて」とJ.Y.Park氏に言われキューブを手に入れました。

「まだ少し不安定な要素もあるが本当に上手で、一生懸命踊りながらも心から踊りを楽しんでいる」と高評価。

結果は…ダンスキューブ獲得

 

 

 

リオ

名古屋オーディション参加者でダンスの評価が飛び抜けて高く、驚くべきほどの才能を持っているリオちゃん。

自信を持ってダンスを披露したものの、J.Y.Park氏の評価は「ダンサーみたいだが僕の言葉は褒め言葉ではない。歌手はダンサーではなく違う職種。

踊っている時僕と心を通い合わせようとしていないし、自分が上手く踊ることだけ考えている。

自分のためだけに踊るのではなくダンスや歌は見てくれる人のためにやることであり、自分のためにやることではないからです。この場では僕のために踊るべき」と厳しい評価を下しました。厳しい評価は、逆に期待の表れとも捉えることができます。

この評価に対してリオちゃんは、「今まで経験してきたダンスコンテストではなく歌手、アイドルグループになるためのオーディションに来ている」と納得し実感しました。

結果は…ダンスキューブ獲得失敗

アカリ

予選オーディションではテクニックはまだまだ足りないものの、明るいエネルギーが魅力で合格したアカリちゃん。

しかし、病に侵されて合宿参加前に入院をしており準備は万全ではありませんでした。もちろん、そのようなことをJ.Y.Park氏は知らない状態でダンステストがスタートします。

しかし、課題曲がストップされ、「今日のパフォーマンスは本当にがっかりした」や「何を考えてここに来たのかわからない」と厳しい言葉をかけるJ.Y.Park氏。

厳しい指摘を受けてもアカリちゃんは病気のことを全く言わず、練習できる時間はしてきたと伝えます。

その後休憩となり、同席していたプロジェクト側のスタッフがJ.Y.Park氏に入院していたことを伝えます。

「なぜ入院していたことを伝えないのですか?」との問いに、アカリちゃんは「あまり人に言うことではないから」と隠した想いを吐露します。

これには、J.Y.Park氏も、自身が不利な状況でも言い訳しないアカリちゃんに感心している様子で、病気のことを知っていたら誤解をしなかったと投げかけました。

結果は…ダンスキューブ獲得失敗

体調管理に気をつけて体力やスキルを取り戻し、頑張っていただきたいですね!

山口真子

JYP練習生として会場の視線を集めるマコちゃん。

オーディションの曲は2PMの「I’ll be back」を選曲し、完璧に踊り切るために筋トレなどを行って準備しました。最後までやらないと気が済まない負けず嫌いな性格が出ていますよね。

ダンステストは圧巻で、J.Y.Park氏が途中で拍手を送るなどマコちゃんの持っていた実力全てを出した演技となりました。

J.Y.Park氏は「すごく感動的でオーディションを見て涙を流したのは初めて」と高評価。

JYPのダンストレーナーからも「上手すぎる…」と言わせるほどの高パフォーマンスでした。

マコちゃんが頑張れる最大の動機は、準備期間は大変だがステージに立った後の達成感をもっと味わいたいといったもので、心構えがプロフェッショナルそのものです。

結果は…ダンスキューブ獲得

まとめ

ダンスが上手なだけではキューブの獲得は難しく、表情や精神の部分も非常に大切にしており、予選のオーディションと比較しJ.Y.Park氏の厳しい評価が続いています。

ダンスキューブの獲得者はリリアちゃんとマコちゃんだけでしたが、他の参加者も貴重なアドバイスを受けて、今後の成長と巻き返しがすごく楽しみですね。

ニジプロはHuluで無料視聴ができる!
ハレちゃん
ハレちゃん
先生、ニジプロはHuluで観れるの?
ソラ先生
ソラ先生
そうだよ、今なら2週間無料で視聴できて期間内に解約すると、料金はかからないんだ。虹プロが人気でHuluで観る人が続出しているよ